マジカルオイルを集めています

ネットでマジカルオイルというものを知りました。

それはアメリカのヒーラーの女性が自ら作っている物でした。

どんな思いも愛情を持って使うと狙うと言われているらしきのです。

恋愛宿命をアップする物や利益宿命をアップする物など目的別にあって、とりわけ利益宿命をアップするマジカルオイルを買ってお財布に塗ってみたんです。

そうすると賞与があったり毎月の食費が浮くようになったんです。

わたしは他にも4つ購入して現時点試して要るところですが、目下サイドジョブもやり始めてお金が入ってくるようになりました。

マジカルオイルって凄いです。

効き目ばっちりです。

スキンケアに関して

私のスキンケアは、美顔器を使い行います。

30代下部なので、化粧品だけでは限界を感じるからです。

通常育児に追われてなかなかお忙しいときもありますが、お素肌を磨き、プライドがついて幸せな時間を暮らせるようにしています。

また通常、お素肌を磨き心的まで磨いていきたいだ。

ハイカラも好きなので、母さんになってもハイカラで綺麗に生まれ変われるように連日がんばってます。

また、通常素敵なニーズをもてるように、なんにでも興味を持ち、何にも挑戦していきたいですし、心に情念をたくさん持てるようにしたいし、連日明るく努力しています。

ジョギング母親になる★

巷でホット(は過ぎたかもしれないけど〜笑)、ジョギングを始めることにしました☆

肝要は、友人のひとこと。

「これ、いままさか太った?」って

がーん!!

そうなの。。

太ったの。。

自分では気にしないようにしていたけれど、周囲からの教えって残酷ですね。

も、私のことを思って言ってくれた近隣に感謝して☆

痩身に挑戦することにしました!

痩身といえばジョギング!という短絡的なイメージのまま始めたのですが。。

これが思いのほか楽しい!少しずつ縮まって出向く時間、心なしか胃腸も引き締まってきた・・・かも!?

志せデザイン進め方☆

という、志は激しく!

も、ジョギング後の一杯はやめられないんですよねぇ〜ぷはぁー!今日もビールがうまいっ!

これってプラマイゼロ!?

ホッチキスを変えてみた

いつも使う文房具を幾らか可愛い物に乗り換えるだけでかなり感情が変わるものですね。

近頃、ホッチキスをドイツの万々歳技術を通して作られた(?)という物に臨みました。

おコスト誠に2000円!

小気味よい力でかなりの音量を止まるのが理由だそう。

特に大量に取り止めるような仕事はしないので実際どうなのかは分かりませんが、普段取り扱う時にも小気味よい力でどっさり残るのでこれが相当穏やか。

ちょい幅広いのが欠陥ですけどドイツらしき配色も愛する。

100円統一も手に入っちゃう雑貨こそ、こうやって少し拘るってライフスタイルが楽しくなるのかもしれませんね。

各種ハンバーグ

私も一家もハンバーグが好きで、思い切り作ります。

最近は「ランチバーグ」といって、ハンバーグの中にランチを添えるというのもあるらしきということを知人から聞いて、直ちに作ってみました。

たくさんは入れなかったので、原則ランチが入っているのかいないのかがわからない、常にと同じようなハンバーグになってしまいました。

また、先日はテレビでおくらをハンバーグの中に添えるって旨いといっているのを見ました。

おくらはあの独特のこだわりが子どもたちの忌み嫌う裏付けなのですが、ハンバーグのつなぎとしては最高の野菜かもしれません。

近いうちに絶対に作ってみたいと思います。

ハイスクールになった途端に支出だらけ

嬉しい悲鳴はこういうことかもしれません。

ハイスクール受験に受かり晴れてこの春から高校になった小児ですが、男児だけに食べっぷりも半端なくお弁当が大変です。

2段弁当で後半はご飯にごま塩をふりかけて、上には副食を詰めている。

これだけでは足りないらしく、ブレイクタイムに摂るおにぎりも持って行きます。

これだけで小気味よく1合以上は消え去り、他に朝夕のご飯も考慮すると今年はお米国の減りがまだまだだ。

お弁当の分だけ減っているのでしょうね。

小中までは給食費を支払っていましたが、今のお弁当にかかる材質費はそれ以上に因ると感じます。

これも健康である実証と捉えなければいけませんね。

バイリンガルを志せ!

1年2ヶ月になった子供。目下、何だか独語をいうようになった。

母親、父等のボキャブラリーに加え、バナナ、ドゥビドゥバ…等も発声するようになり、
何かしらもごもご話しているようになった。

持ち家の家柄はイングリッシュが話せるやつが多く、私自身も意思疎通ができる傍らには語れる。

子供にはぜひバイリンガルになって望むので、小説やムービー、イングリッシュのテレビプランなどに合わせて踊って見る。

ただし、大して興味がない雰囲気。

イングリッシュには反応しないが、マラカスにはナーバスに反応する。

子の脳は3年で80百分率がまとまるそうだが、本当なのかな?

どちらにしろベビーの時期に喜ばしい刺激を与えることはいい事だと思うので、ものを変えながら続けてみようという。

興奮、忍耐がないと難しそうだけど、子供の為なら乗り切れる気がする!

勤め人改革論

学生時代から読んでいる4コマ漫画で「サラリーマン上達論」という雑誌があります。

読んで字のごとく、サラリーマン様の会社である前例中心に描かれているのですが、学生時代は「あぁ大人になったらこうした人生です」と勘違いしていました。

日々仕事してお茶を入れて複写を取って、時としておつかい頼まれて見物ついでにお茶…

誠に言うバブル時代のサラリーマン様なんでしょうか。

いま、社会人になってそんな人生はかけ離れたサラリーマン生涯を送っていますが、何だか何で想像していたものとは違うもののそれなりに面白く過ごしております。

いまの人生を4コマに20カテゴリー下部「こうした時代があったの?!」って言われちゃうのかもしれませんね。

わたしが海で叫びたかったこと!

この前、海水浴に行ってきました。
もちろん日焼け止めはたっぷり塗って。
海岸にはきれいな貝がらもたくさん打ち上げられていて、それを拾ったり、水辺で遊んだりしてとても楽しかったです。
そんな時ふと子供の声が聞こえてきました。
小学生の兄弟らしいその子たちは、何やら言い争っているようでした。
彼らが指差している方を見てみると、シャチの大きな浮き輪が波にさらわれどんどん沖に流されていました。
それを見て「お兄ちゃんがちゃんと持っていなかったせいだ!どうするんだよもう取れないよー!」と弟くんが怒って泣いていました。
その子たちは、お母さんと一緒に来ていたようで、お母さんは水着を着てなく洋服で、困ったように日傘をさして海岸に立っていました。
私も、そのシャチが流されていくのを見て(あー、あんなに流されてたら、かわいそうだけどこれはもう届かないなー)と思いました。
その時です!
近くで泳いでいた若い男の人が、ボディーボードに乗ってそのシャチ向かって泳いでいったのです。
しかもこんがりと日焼けしたイケメン!!
シャチにスーッと近寄って、それを持って彼らのところまで届けてくれました。
もちろんその兄弟は大喜び。
周りで見ていた人たちからも自然と拍手が起こりました。
その親切なイケメンさんを見て、私が心の中で「惚れてまうやろー!」と叫んだのは言うまでもありません(笑)